ホーム  >  学会について  >  日本マススクリーニング学会とは

日本マススクリーニング学会とは

 日本マススクリーニング学会の前身は1973年に発足した代謝異常スクリーニング研究会です。故森山豊研究会理事長、故成瀬浩前学会副理事長、故大浦敏明先生、故北川照男先生、多田啓也先生、松田一郎先生らの努力で設立されました。1990年に研究会からマススクリーニング学会(坂元正一理事長)となり、現在は日本小児科学会の分科会にもなっています。会員は、臨床医(小児科、産婦人科、内科等)、検査技術者、基礎医学研究者、公衆衛生・疫学研究者、行政の担当者等で構成されています。新生児スクリーニングの診療上の問題、事業の効果、技術開発、関連部署の連携体制、将来の在り方等について話し合われます。

わが国の新生児マススクリーニング事業

 わが国の新生児マススクリーニングは、1977年10月よりアミノ酸代謝異常症{PKU、ホモシスチン尿症、メープルシロップ尿症、ヒスチジン血症(1993年中止)}とガラクトース血症を対象としたスクリーニングが国家事業として全国レベルでスタートしました。続いて1979年に先天性甲状腺機能低下症、1989年に先天性副腎過形成症が追加され、6疾患を対象としたスクリーニングが行われていました。
 2014年より、従来のガスリーテストに代わってタンデム質量分析計(タンデムマス)が全国で導入され、従来のアミノ酸血症に加えて、尿素回路異常症、有機酸代謝異常症、脂肪酸代謝異常症が対象疾患に加わり、現在、20疾患を対象としたスクリーニングが行われています。わが国のマススクリーニングの受検率は100%であり、精度管理体制、検査システム等、世界でトップレベルのスクリーニングが実施されています。

新生児スクリーニングの対象疾患と効果

 スクリーニング検査の対象疾患は、検査の負担が軽く、治療可能で、かつ放置すれば障害を引き起こすような病気です。これらを発症前に発見・早期治療を行うことにより、障害の発症を予防する目的で実施されます。発症しないことを目的としているので、効果が劇的に見えませんが、この事業によってこれまで多数の小児が、知的障害、心身障害あるいは小児死亡からを免れています。最近アジア諸国でも新生児スクリーニング導入の機運が高まりつつありますが、導入していない国の状況をみると、改めてわが国の新生児スクリーニングの社会的貢献度を感じます。本事業はこれらの病気の医学研究面でも重要な貢献をしてきました。

現在の学会活動

現在の日本マススクリーニング学会会員数は約450名を数え、本学会では毎年学会総会、学術集会、研修会に開催しており、2018年には第45回学術集会が開催されました。また、本学会は1980年代に国際的プレコングレスを開催するなど、1991年にルーラ(豪)で第1回会議が開催された「国際新生児スクリーニング学会(ISNS)」設立の原動力となりました。そして第6回会議が日本の淡路島(黒田泰弘会頭)で開催されました。現在、本学会理事長の山口清次理事長は、ISNSのアジア太平洋地区の理事をつとめるなど、本学会は新生児スクリーニングの発展のための国際協力も行っています。


▲ページ上部へ

お問い合わせ

学会へのお問い合わせは下記へお願いいたします。

=03-3354-2070

受付時間:平日10:00~17:00

WFAX 03-3354-2017

F  info@jsms.gr.jp

WEBからのお問い合わせ