ホーム  >  学会について  >  日本マススクリーニング学会とは

日本マススクリーニング学会とは

 日本マススクリーニング学会の前身は昭和48年に発足した代謝異常スクリーニング研究会であります。故森山豊研究会理事長、成瀬浩前学会副理事長等を中心とした研究者グループと検査技術者グループの努力により、昭和52年10月よりアミノ酸代謝異常症{PKU、ホモシスチン尿症、メープルシロップ尿症、ヒスチジン血症(途中から中止)}とガラクトース血症スクリーニングが国家事業として全国レベルでスタートしました。続いて昭和54年にクレチン症、平成元年に副腎過形成症が加わって、現在のマルチプルスクリーニングの形態となり、ほぼ100%の受検率、精度管理体制、検査システム等、世界でトップレベルのスクリーニングが実施されております。一方、昭和60年からは6ヶ月乳児を対象とした小児神経芽細胞腫スクリーニング検査も加わりました。


 スクリーニング検査は、正常児の中から、治療可能で、かつ放置すれば障害を引き起こす病気を持っている子どもを早期発見・早期治療を行うことにより、障害の原因となる疾患の発症を予防する目的で実施されます。スクリーニング検査実施 により、現在まで対象疾患の子供を多数発見・治療し、多数の人々が全く健常児として育っています。また、本事業はこれらの病気の医学研究面でも重要な貢献をしてきました。


 現在の日本マススクリーニング学会会員数は約600名を数え、産婦人科、小児科、その他の臨床医学部門、基礎医学部門、公衆衛生部門、検査技術部門等、幅広い分野からの熱心な研究者・技術者の集団であり、平成2年には研究会から学会(坂元正一理事長)へと発展しております。本会では毎年学会総会、学術集会、研修会に開催しており、平成25年度で学術集会は40回を数えるに至っています。また、国際新生児スクリーニング学会設立の原動力となり、スクリーニングの発展のための国際協力も行っております。


 現在は山口清次理事長を中心に、倫理的な配慮のもと、スクリーニング事業発展と社会的貢献度の高い学会を目指して努力している組織です。


なお、現在は日本小児科学会の分科会としても活動しています。


▲ページ上部へ

お問い合わせ

学会へのお問い合わせは下記へお願いいたします。

=03-3354-2070

受付時間:平日10:00~17:00

WFAX 03-3354-2017

F  info@jsms.gr.jp

WEBからのお問い合わせ